婦人

五月人形で息子や孫のお祝いをしよう|健やかな成長を願って

女の子の初正月の祝い方

女の子

羽子板は厄除けや無病息災などの願いを込めて、生まれてから初めて正月を迎える女の子に贈るものです。また、羽子板の大きさも幅広くあるため、家の環境やスペースに合うようなサイズのものを選んであげると良いでしょう。

もっと読む

お正月を華やかにする

羽子板

羽子板は女の子がいる家庭で、お正月に飾るものです。どこに飾るにしても、飾る空間に負けないようなものを購入すると良いです。最近の羽子板はケースに入っていて、かわいらしい女の子のデザインが多く、重さも軽くなっています。

もっと読む

記念になります

ギフト

オリジナルを作るには

羽子板で遊ぶ子供というのは少なくなってきていますが、実はオリジナルの羽子板をプレゼントするのが密かなブームになっています。ここ数年、世界から日本の文化が注目されていて、古典的な品が特に人気になっているのです。その中のひとつに羽子板があって、これは海外では目にしないもので、遊ぶためというよりも芸術品、飾りとして購入する人が増えてきています。また子供が生まれた時に、孫ができた時に、女の子の場合はプレゼントとして使用されることも多くなっているのです。特にオリジナル品を作ることが多く、子供や孫の健やかな成長を願って制作していきます。写真をモチーフにすることもできるので、調べて依頼してみるのも面白いかもしれません。

プレゼントとして

羽子板というのは昔は魔よけの意味もあって、女の子の成長を願って作られたものです。そういった意味もあるのでプレゼントとしても最適になっていて、人気があるのも頷けます。そして大きさも選べますので、マンション住まいで飾るところがないといった場合は、本来のサイズよりも小さめを選ぶとよく、選択肢が多いのも魅力になっています。また外国の方にプレゼントすることも多くなっていて、羽子板というのは日本独自のものなので喜んでくれるでしょう。デザインも日本独自のものから、アレンジを加えたものまでバリエーションが多くなっていますので、好みに応じて制作してもらうことができます。羽子板は遊ぶためのものだけではなく、芸術品としての価値もあります。

バリエーション豊富

五月人形は男の子の成長を願って飾られるものです。最近では バリエーションも増え、ワンルームなどの部屋にも置くことができるコンパクトな 五月人形もあります。

女の子の初正月のお祝いは

赤ん坊

羽子板は、一般的には母親の両親が贈ることが普通でした。中には父親の実家や兄弟姉妹などが贈ることもあります。羽子板を贈る風習は、江戸時代の大名の習慣から来ており今日に続いています。店頭に並べられる期間は短いので早めに購入することが大切です。

もっと読む